ブログトップ

観たもの、聴いたもの、読んだもの

sf0829.exblog.jp

「アリスの論理ー不思議の国の英語を読む」宗宮 喜代子

アリスの論理―不思議の国の英語を読む
宗宮 喜代子 / / 日本放送出版協会
スコア選択:




最初は童話として接することの多い不思議の国のアリス。
大人になってから読み返してみると、その世界は単なるファンタジーではないことがわかります。
著者であるルイス・キャロルさんは論理学者だったそうですね。
論理学ってなんだか近寄りがたくて教養のときも結局履修しなかったんだよな。

原書で読んで見たいけど今の私の英語力では多分途中で挫折するだろうな。
そう思っていたところ、書店でこの書籍を見つけ購入。
なんとなく読めそうな気分になっていたりします。

こうして、いつか原書で読みたい本のリストだけが長くなっていくのです。
[PR]
by sun-flower0829 | 2007-02-24 13:55 | 書籍
<< 「クローズド・ノート」雫井 脩介 映画「ドリームガールズ」 >>