ブログトップ

観たもの、聴いたもの、読んだもの

sf0829.exblog.jp

「第三の時効」横山 秀夫

第三の時効
横山 秀夫 / 集英社
スコア選択: ★★★★





警察小説といえばハードボイルドと思いこんでいて、横山秀夫さんの小説を手に取るまでにはかなり迷ったものです。
私は暴力の描写が好きになれないので、特に警察官が主人公となると敬遠しがちだったのです。
初めて読んだのは、たしか「半落ち」。
映画が評判だというのを聞いて、たまには読んでみようかと思ったのがきっかけです。

結論として、読まず嫌いであったのだな、と

この本は帯に最高傑作!なんて書いてあったので、なんとなく買ってしまいました。
連作短編の形をとっていますが、それがまた緊張感があって良いのです。
登場人物のそれぞれに、一編ごとに没頭し
それぞれの結末にため息をつき。
ついついひきこまれて一気に読んでしまいまいした。
横山さんは短編の方がいい、というレビューもみましたが、確かにそうかもしれません。
[PR]
# by sun-flower0829 | 2006-10-31 21:32 | 書籍

ブラスの祭典 ライヴ2004

ブラスの祭典 ライヴ 2004
/ エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
スコア選択:





自分で楽器を演奏しなくなって久しくなりますが、やっぱり目にとまると気になってしまいます。
定番の「アルメニアンダンス」
ブラスト!に参加していた石川直さんのドラム
それぞれにすばらしいんだけど、やっぱり、最後の「星条旗よ永遠なれ」
吹奏楽経験のあるかたなら、きっと誰もが演奏したことのある曲ですよね。
みんなで演奏できるってなんていいんだろう。
指揮をする佐渡さんと、淀川工業高校の丸谷先生の笑顔。

合奏の楽しさをもう一度体全体で感じられたら・・・
せめて生の演奏を聴きに行く時間くらい作ろうと思ったのでした。
[PR]
# by sun-flower0829 | 2006-10-23 22:50 | 音楽

「負け犬の遠吠え」酒井 順子

負け犬の遠吠え
酒井 順子 / 講談社
スコア選択:




この本が単行本として出版された頃、私は20代後半の負け犬予備軍でした。知り合いが読んでいて勧められたのですが、何となく抵抗があって読まないままでいました。
一つは自分が負け犬になる素質を充分に持っているという危機感があったため。また、何とかそこから脱却できそうだという淡いけれど具体的な期待が、手に取ることを妨げていた様に思います。

文庫化されて平積みになっているのを見つけ、独身のまま30代を迎えた今、やっと読んでみようという気持ちになりました。そして、自分はやっぱり負け犬だとはっきり認識したわけで。

賛否はいろいろある様ですが、軽い娯楽本とすればかなり面白い本であると思います。にも関わらず、読んでいてかなり耳に痛い部分もあり。

私の場合、まだまだ自分は若いのだという気持ちはあるのですが、このままでいけばこの先ひとりで老いを迎えなければいけないという恐怖感がぬぐえないのです。
自分が「負けている」ということは認めましょう。でも、負けたままでいるのは勘弁して欲しいなというのが正直な気持ちです。だからって当ては全くないのが悲しいところで・・・。

読んでよかったような、悪かったような、という感じです。
[PR]
# by sun-flower0829 | 2006-10-23 13:03 | 書籍

「THE 有頂天ホテル」

公開当初からみたいと思っていたのですが
やっと見に行くことができました。

やっぱり期待通り楽しむことができました。
たくさんの俳優さんたちがそれぞれ個性的で
結構長いけど、時間のたつのが気にならないくらいでした。

くねくねダンスと、ダブダブの腹話術がかなり気になりますね。
[PR]
# by sun-flower0829 | 2006-03-07 21:27 | 映画

「容疑者Xの献身」東野 圭吾

容疑者Xの献身
東野 圭吾 / 文藝春秋
スコア選択:







賞を取ったことだし、読んでみようかなー・・と思って買ってからしばらく積んであったのですが
やっと読むことができました。
湯川博士シリーズは初めて読んだのですが
東野圭吾さんって理系出身だったのね、と改めて納得。

ちょっと地味かもしれませんが、こういうテイストは大好きです。
[PR]
# by sun-flower0829 | 2006-03-07 21:13 | 書籍

「マイノリティ・リポート」

マイノリティ・リポート
/ 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
スコア選択:




先週テレビで観た映画です。
ひとを殺したり、撃ち合いのある映画って以前は全く観られなかったのですが
最近は楽しんで観られるようになってきました。
ノーカットということでかなり長かったのですけど、最後まで楽しむことができました。
味方と思っていたひとが実は敵、という結末はありがちではあるけれど、
それでも十分に楽しめる内容だったかなと思います。
[PR]
# by sun-flower0829 | 2006-02-01 19:56 | 映画

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」

クリスマス・イブといっても何もすることがなくて独りで映画を観に行ってきました。
前作までより原作の細かい部分がかなり削られている気がしますが、その分映画としては観やすくなったかなという感じです。
あれだけの長編を映画にするのは大変なことなのでしょうね。
ハリー達も成長して無邪気なだけの子供ではなくなってきて、闇の帝王の復活も相まってだんだんダークな感じになってきていますね。
賛否は色々ある様ですがそんな雰囲気も原作にそったものなんでしょう。

何だかんだで次作もきっと観に行ってしまう気がします。
[PR]
# by sun-flower0829 | 2005-12-25 00:29 | 映画

「ミリオンダラー・ベイビー」

ミリオンダラー・ベイビー
/ ポニーキャニオン
スコア選択:




単なる成功物語なのかと思ったら、後半はそうではなく
結構重たいテーマだったのですね。
最後は暗い気持ちになってしまいましたが
こんなのもたまにはいいかな。
見終わったあとにいろいろと考えることの多い映画でした。

うちの両親も映画が好きで、ビデオもよく借りてみていたのですが
こんな感じの作品が多かったなとふと思い出したりしました。
[PR]
# by sun-flower0829 | 2005-12-18 18:20 | 映画

「ナルニア国物語」と「ゲド戦記」

ライオンと魔女
C.S.ルイス ベインズ ポーリン 瀬田 貞二 / 岩波書店
スコア選択:



さいはての島へ―ゲド戦記 3
アーシュラ・K. ル・グウィン 清水 真砂子 Ursula K. Le Guin / 岩波書店
スコア選択:




「ナルニア国物語」と「ゲド戦記」
ファンタジーの好きな人ならどちらも読んだことのあるシリーズでしょう。
自分で本を選んで読むようになった小学校低学年の頃
私も夢中になって読みました。

ハリー・ポッターの映画化が成功して
このふたつもいつか映画化されるのではと思っていました。
「ナルニア」はディズニーで、「ゲド戦記」はジブリ。
いい映画になって欲しいなと思います。
思い出が多い分映画を見に行くのはちょっと怖いですけどね。
[PR]
# by sun-flower0829 | 2005-12-15 20:19 | 書籍

「ブラスの祭典」 佐渡裕 シエナ・ウインド・オーケストラ

ブラスの祭典
シエナ・ウインド・オーケストラ バーンスタイン 佐渡裕 リード(アルフレッド) チャンス ハチャトゥリャン Norito Hayashi / ワーナーミュージック・ジャパン
スコア選択:

いつのまにかだいぶん昔の話になってしまいましたが
学生時代はずっと吹奏楽をやっていたのです。
その頃を思い出して買った一枚。

吹奏楽っていいなー、としみじみ思う、吹奏楽の魅力のつまったCDです。

前にも書いたかもしれないけど、こういうのを聴いていると知らないうちに鳥肌が立って涙が出そうになってくるのです。
[PR]
# by sun-flower0829 | 2005-12-09 23:40 | 音楽